P&Gが他社に無償で「成功事例」を教えるワケ

成果を追及したら、女性管理職3割になった

たとえば当社独自の取り組みとして「コンバインドワーク制度」というものがあります。これは、1日の就業時間のうち、社内(オフィス内)で4時間半以上仕事をすれば、残りを自宅でやってもフルタイム勤務とみなす、という仕組みです。これを活用すれば、会議を社内で行い、資料作成などの作業を自宅で行ってフルタイム勤務とすることができます。この制度を導入したことで、時短勤務を使わなくてもキャリアを重ねたいと願い、仕事を続けられる社員が増えました。

社員のモチベーションやロイヤルティが上がる

――昨年からP&Gのやり方を社外にも公開しています。

2016年春から、当社のダイバーシティ&インクルージョンの考え方をセミナー形式でご紹介したり、それについて考えるワークショップをご提供したりしています。当社は研修会社やコンサルティング会社になるつもりはありませんので、すべて無償提供。トレーナーと呼ばれる講師は当社の役員や上級管理職が務めています。これまで、百数十社に受けていただきました。

――ダイバーシティ&インクルージョンがP&Gの強みの源泉である、というお話を繰り返し聞いています。ノウハウを無償で提供することに経営上の合理性はありますか? もしくは、慈善事業として取り組んでいらっしゃるのでしょうか?

当社は営利企業ですから、これはチャリティではありません。自社のメリットとしては第一に、トレーナーを務める社員のモチベーションやロイヤリティが上がることが挙げられます。研修のご提供先から感謝されることで「P&Gで働いていてよかった」と心から実感できますから。

また、当社が強みを持ち日本の企業社会に貢献できる分野で力を発揮することで、ビジネスの環境全体を底上げすることが期待できます。例えば当社従業員の家族や配偶者の勤務先企業がダイバーシティ&インクルージョンに関心を持ち、取り組まれることは、間接的に当社従業員の働きやすさ、生きがいにつながります。

長年にわたり、P&Gのダイバーシティ&インクルージョン研修の内容は企業秘密でありコアな価値でした。これを、日本の企業社会にシェアさせていただくことで、大きなインパクトとメリットを、社会だけでなく当社自身が享受できる。私たちが提案し、社長のべセラを説得しました。彼が納得しコミットした上で、米本社を説得してくれたおかげで、実現したのです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT