日産新型ノート、「充電不要EV」がウケた理由

新駆動方式「e-POWER」をセレナにも搭載へ

もう一つは、アクセルペダル一つで加減速を可能にしている点だ。e-POWERではアクセルペダルを離したときに強めに減速することができる。慣れればペダル一つで速度調整や停止が可能となり、ブレーキペダルへの踏み換え頻度が大幅に下がる。

これは減速時のエネルギーを回収して駆動用電池に充電する「回生協調技術」を応用したもので、エンジンブレーキよりも減速度合いは強い。日産の実験ではe-POWERを運転した場合、市街地走行でブレーキペダルに踏み換える回数が従来車より約7割減るという。

来店客の試乗を徹底的に促進

東京・目黒にある日産ディーラーでは、店先に試乗車がずらりと並べられていた(記者撮影)

ただこうした訴求点は、いずれも一度車に乗ってみなければわからない。日産は「”来店者の100%試乗”を目標として掲げた」(南チーフマーケティングマネージャー)と言うほど、e-POWERの試乗に力を入れる。

多くの販売店で、1店舗当たり2台の試乗車を用意した。車検や点検などで販売店を訪れた人には、乗っている車種にかかわらず積極的に試乗を提案している。

実際に試乗の効果も表れ始めている。東京日産自動車販売の「新車のひろば目黒店」では最近、3年前に旧型ノートを購入した顧客が早くもe-POWERへの乗りかえを決めた。その顧客は初回車検で店を訪れた際、待ち時間にe-POWERを試乗して加速感が気に入り、「車検代って戻ってこないよね?」と苦笑いしながら購入を即決したという。

テレビCMでは「どこまでも走れる電気自動車のまったく新しいカタチ」というキャッチコピーを打ち出し、航続距離に不安を覚えてEVとは距離を置いていた消費者の目も向けさせようと試みている。従来のノート購入者は他社ユーザーが2割だったが、e-POWERの発売後は3割にまで上がった。

前出の目黒の販売店でも、今年に入ってトヨタ自動車やホンダなど他社ユーザーの来店が増えており、販売員が試乗を促す前に、顧客から「e-POWERに乗りたい」と言い出すことも珍しくないという。この店における2月のノートの試乗回数は1営業日当たり14.1回で、前年同月から4割以上伸びた。

次ページあのミニバンにもe-POWER
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT