PDCAが「掛け声」だけで終わる根本的理由

マトリクスで、いっきに実行しやすくなる

このような計画を立てていると、いくらPDCAのフレームワークを知っていても、下記のようなことを繰り返すことになります。

PDCAは「マトリクス」でイメージしよう

では、どうすればいいのか? 私は、PDCAを次のような「マトリクス」でイメージしています。

横にPとDを取り、縦にCとAを取ります。このマトリクスの意味することは、Checkは、PlanとDoに対してする、ということ。そして、ActionはそのCheckの結果に対してする、ということです。

さきほどのホチキス留めの仕事をもし私がやるなら、次のように考えます。

私がこのマトリクスを使ういちばんの理由は、「当初の狙い」=Pを明文化できるからです。私もそうですが、日々何気なく仕事をしていると、計画=狙い=Pを忘れてしまいます。だからこそ、つねにそれをマトリクスに書き出しておくことが大切なのです。

次ページプロセスごとに検証したいときはどうする?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。