キヤノン、「デジカメ不振」に苦しむ

中国など減速で、通期予想を下方修正

マーケットはネガティブに反応

同社は、13年1―3月期決算で通期の業績予想を上方修正したが、中間期では一転して下方修正に至った。田中副社長は「それだけ環境は流動的だ」と強調した。

いちよしアセットマネジメントの秋野充成運用部長は「下方修正の幅も大きく、マーケットはネガティブに反応すると思う。円安はプラスだが、それ以上に実態が悪いとうかがえる」と述べていた。

同日発表した13年1―6月期の連結業績は、売上高が前年比3.2%増の1兆7835億円、営業利益が同12.6%減の1531億円、当期純利益が同5.2%減の1074億円だった。

欧州の景気低迷とともに、期待していた中国市場の回復が実現しなかったことが響いた。事務機器の販売は堅調だったが、利益率の高いレンズ交換式カメラの伸びが鈍化したのが響いた。

(ロイターニュース 村井 令二 編集;田巻 一彦)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。