日本株を支えている「見えない存在」の正体

「ビミョーな円高」でも3月は下げにくそう

美しい梅の季節も、そろそろ終わり。日本株はこのあと上昇するのか(写真:Anesthesia / PIXTA)(ピクスタ)

3月2日の日本株は、日経平均株価が一時1万9668円をつけ、取引時間中の昨年来高値を更新した。だが、米国株式市場ではNYダウが2万1000ドルを上抜ける大幅高(1日の終値は2万1115ドル)となるなど、異次元のゾーンに突入している。米国のトランプ大統領が「目を見張るような減税策」という言葉を使った後に限っても、NYダウは5%超上昇した。実際のところ、施政方針演説では、目新しい内容は確認できなかったが、大統領選挙の勝利宣言以来の「大人のトランプ」を演じたことから、市場では警戒感が一気に後退。売り方の買い戻しなどを誘う格好となった。

円安ドル高になりそうで、為替は「こう着状態」

為替市場では、「3月利上げ観測」が一気に強まっているが、ドル円相場は1ドル114円前後とやや伸び悩んでいる。1月3日につけたドルの高値118円60銭からは5円弱円高である。それでも、日経平均は昨年来高値更新を試すなど強さが目立つ。米国株の上げと比べると上値が重いとみる投資家もいるだろうが、この為替水準を考えると、日本株は強いといってよい。日本企業の「円高耐性力」が高まっていることもあるが、「日経リンク債」設定に絡んだ買い需要が、日経平均を下支えしていることも理由の一つにあげておきたい。

では、なぜ「日経リンク債」設定にからんだ買い需要が株価を下支えするのだろうか。まずはその前にドル高がなかなか進まない理由をさぐるためにも、米国市場の状況を確認しておこう。トランプ大統領の施政方針演説に関心が集中していたなか、市場では有力連銀総裁の「タカ派発言」が連発した。2月28日に発表された2016年10-12月期米国内総生産改定値は前期比年率+1.9%にとどまり、市場予想を下回った。

この時点で3月利上げの可能性は低下したのだが、米サンフランシスコ連銀のウイリアムズ総裁は「3月の米連邦公開市場委員会(FOMC、14~15日)で利上げを真剣に協議することになる」と指摘し、3月利上げへの期待がにわかに広がった。さらに、NY連銀のダドリー総裁も、米CNNとのインタビューで「利上げの主張は、より説得力のあるもの」との見通しを示しており、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)が算出する米金利引き上げの時期をめぐる数値(Fed Watch)で、「3月利上げ」の確率は60%を超えた。これは、先週が20-30%だったことを考慮すると猛烈な上昇だ。

次ページ日経平均を陰で支える日経平均リンク債
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。