インドのタタ社がドコモに1300億円支払いへ

インド撤退を巡る係争が一歩前進

 2月28日、インド撤退を巡って同国のタタ・サンズと争っていたNTTドコモは、タタ・サンズがドコモに対して約1300億円の賠償金を支払うことで合意したと発表した。写真は都内で2012年5月撮影(2017年 ロイター/Issei Kato)

[東京 28日 ロイター] - NTTドコモ<9437.T>がインド撤退を巡って同国のタタ・グループと争っていた問題で、ドコモは28日、タタ・グループの持ち株会社タタ・サンズがドコモに対して約11億8000万ドル(約1300億円)の賠償金を支払うことで合意したと発表した。

ドコモはインドの携帯電話会社タタ・テレサービシズ(TTSL)に2009年以降に2667億円出資したが、TTSLが事前に取り決めた業績目標を達成できなかったことから2014年に撤退を決定。その際、ドコモは契約に基づき保有株式を売却できるオプションを行使したが、タタが義務を履行しなかったため国際仲裁裁判所に仲裁を申し立てる事態となっていた。

裁判所は昨年6月にドコモの主張を認め、タタに対して約1300億円の損害賠償を支払うよう命じたが、タタは国内の規制上支払えないとして拒否。ドコモは賠償金を受け取れないまま今日に至っている。

ドコモは今回の合意について「解決への大きな一歩」と評価するとともに、回収資金は「インド産業の発展のために活用することを検討する」と表明したが、国内規制上の問題はまだ残っており、支払い時期は依然として不透明だ。

 

 

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 今見るべきネット配信番組
  • 「お金で損しない」森永康平のマネーリテラシー講座
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT