孫社長「英ARMがIoTチップを1兆個供給へ」

バルセロナの見本市で講演

 2月27日、ソフトバンクグループの孫正義社長が「モバイル・ワールド・コングレス」で語った。写真はバルセロナの会場で同日撮影(2017年 ロイター/Paul Hanna)

[バルセロナ 27日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は27日、傘下の英半導体設計、ARMが、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)向けのチップ約1兆個を今後20年間に供給するとの見方を示した。

世界最大の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス」で語った。同氏は、チップ内部の「脳細胞」数が2018年、人間の脳神経細胞数を上回ると予想した。

サイバー・セキュリティーの問題に対処することなどを条件に、2040年までにスマートロボット100億台が普及し、生活に役立つとの見通しも示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 中原圭介の未来予想図
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。