孫社長「英ARMがIoTチップを1兆個供給へ」

バルセロナの見本市で講演

 2月27日、ソフトバンクグループの孫正義社長が「モバイル・ワールド・コングレス」で語った。写真はバルセロナの会場で同日撮影(2017年 ロイター/Paul Hanna)

[バルセロナ 27日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は27日、傘下の英半導体設計、ARMが、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)向けのチップ約1兆個を今後20年間に供給するとの見方を示した。

世界最大の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス」で語った。同氏は、チップ内部の「脳細胞」数が2018年、人間の脳神経細胞数を上回ると予想した。

サイバー・セキュリティーの問題に対処することなどを条件に、2040年までにスマートロボット100億台が普及し、生活に役立つとの見通しも示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT