孫社長「英ARMがIoTチップを1兆個供給へ」

バルセロナの見本市で講演

 2月27日、ソフトバンクグループの孫正義社長が「モバイル・ワールド・コングレス」で語った。写真はバルセロナの会場で同日撮影(2017年 ロイター/Paul Hanna)

[バルセロナ 27日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義社長は27日、傘下の英半導体設計、ARMが、あらゆるものがインターネットにつながるIoT(インターネット・オブ・シングス)向けのチップ約1兆個を今後20年間に供給するとの見方を示した。

世界最大の携帯見本市「モバイル・ワールド・コングレス」で語った。同氏は、チップ内部の「脳細胞」数が2018年、人間の脳神経細胞数を上回ると予想した。

サイバー・セキュリティーの問題に対処することなどを条件に、2040年までにスマートロボット100億台が普及し、生活に役立つとの見通しも示した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
楽天の通信事業<br>狙いと勝算をすべて話そう

2019年10月、第4の通信会社として自前回線でのサービスを開始する楽天。今回の通信参入プロジェクトを「神がかりのショット」続きだったと話す三木谷浩史会長兼社長。その真意とともに、狙いや勝算、世界を見据えた成長戦略を聞いた。