BMWが次世代見据えて仕込む最新技術の数々

年産200万台規模のメーカーが最先端を走る

奇しくも3台揃って乗り心地が良好だったが、これに関連してひとつ報告しておきたいことがある。

BMWといえばサブブランドのMを除いて全車ランフラット・タイヤを標準装備しているというのが、これまでの常識だった。ところが、ヨーロッパではランフラットでないタイヤのライン装着も可能になっているそうだ。ちなみに、今回試乗したなかでは340iのみランフラットだったが、740Leとi3にはランフラットでない通常のタイヤが装着されていた。

当然、340iの乗り心地が快適だったことを敢えて蒸し返すまでもなく、近年のBMWはランフラット・タイヤをかなりのレベルまで履きこなしている。したがって私自身も「断固ノン・ランフラットにすべし!」と主張するつもりはないが、あれだけランフラットにこだわってきたBMWのここにきての変化はいささか興味深いと言わざるを得ない。

創業から100年を経過したいまも変わらぬ心意気

さて、ここまで駆け足でBMWイノベーションデイを振り返ってみたが、驚くべきは彼らが取り組んでいる技術分野の幅広さにある。「この程度のことはメルセデスやアウディだってやっている」といえばそれまでだが、年産200万台規模の自動車メーカーが電動化技術やIT化などの領域でも世界最先端を突っ走っている事実は驚異的といっていい。

しかも、そのうえでBMWは内燃機関のさらなる改良にも意欲を燃やしている。BMWとはBayerische Motoren Werke、つまり“バイエルン・エンジン製造会社”の頭文字。その心意気は、創業から100年を経過したいまもまったく変わっていないのだ。

(文:大谷達也)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT