婚活男はそれでも「若くて可愛い子」を求める

そして孝雄は20代キャバ嬢に100万円貢いだ

結婚には男女の愛より家族愛! 統計上ではこうした傾向が強まっていますが、いざ婚活となると、男はみんな、若くてかわいい子を狙うのです(写真:IYO / PIXTA)

人はなぜ「結婚をしたい」と思うのだろうか。

2015年の国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」によると、結婚の利点として「子どもや家族をもてる」を挙げる人が最も多く、男女ともに年々増加してきた。また、2000年代以降は、「精神的安らぎの場が得られる」と「愛情を感じている人と暮らせる」が減少し、「親や周囲の期待に応えられる」が増加している。

興味深いのは、「性的充足が得られる」が年々減少していて、2015年の最新調査では男性1.6%、女性0.2%という結果。女性はほぼゼロに近い割合ということになる。

結婚に求めるのは「家族愛」のハズなのに……

この連載の一覧はコチラ

この調査結果を見ると、結婚に求めるものは、男女の“情熱的な恋愛”よりも“穏やかな家族愛”ということになる。

しかし、異性に“家族愛”を求めながらも、それを築く相手を選ぶ目は厳しい。ことにお見合いの場合は、条件から入る出会いなので“よりよい相手と巡り合って結婚したい”という気持ちが強くなる。結婚相談所の会員たちのお相手選びを見ていると、男女ともに、見た目、年齢を重視する人たちが圧倒的に多い。女性の場合、ここにさらに年収も加わる。

次ページ70代でも、若い子がいい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。