婚活男はそれでも「若くて可愛い子」を求める

そして孝雄は20代キャバ嬢に100万円貢いだ

もちろん、結婚して子どもをもつことを視野に入れたら、年齢を重視するのは致し方ないことだろう。女性は35歳を過ぎると、“できるだけ年の近い人、もしくは年下”を希望する。働き手となる父親は1歳でも若いほうがいいからだ。男性は、35歳以下の女性が希望だ。出産できる年齢の幅をできるだけ広く取りたいからだ。ここで、お互いが求めあう年齢が合致しないので、マッチングが難しくなる。

これは、仲人をしている私の経験則だが、年齢と容姿にこだわる傾向は男性のほうがより強い。申し込みは誰にするのも自由なので、入会したての男性たちは決まって自分よりもかなり若い、お人形さんのようなルックスの美人にこぞって申し込みをかける。

先日、私の相談所の会員女性35歳の美人に、70歳の会社経営者(年収1950万円)がお見合いを申し込んできた。26歳の女性に67歳(年収400万)がお申し込みをかけてきたこともある。40代の男性も、当然のように20代を狙いにいく。

ただ、ずば抜けて年収の高い一部の男性を除いて、平均的な年収の男性の場合はほとんどが受諾されない。そうした現状を説明しても、“できるだけ若くて、かわいい女性と結婚したい”という思いから、ダメもとで申し込みをしてくる男性があまりにも多い。

高身長イケメンなのに。孝雄(42歳)の「貢ぎ人生」

先日、入会面談にやってきた孝雄(仮名・42歳)も、女性の見た目や年齢にこだわるあまり、手痛い思いをした経験がある。

孝雄は、180センチメートルを超える長身に二重の目がキリリとした精悍なハンサムだ。「1度も結婚の経験がない」というのだが、この歳になるまで独身でいたのが不思議な容姿だった。

「婚活した経験はあるの?」

「ええ。37歳から40歳まで、大手結婚相談所に入っていました。でも、そこで決まった結婚を2回ドタキャンされたんです」

「いや、別の人です。1回目はプロポーズを受けてもらって、その1週間後に『やっぱり結婚をやめたい』と女性から言われました。2回目はプロポーズを受けてもらった後に、相談所に成婚料を払って2人そろって退会した。ところが結婚の話を具体的に進めようとしたら“親の介護がある”とか“仕事が忙しい”とかあれこれ理由をつけて会えなくなった。『これじゃあ、結婚が前に進まないよ』と言ったら、『やっぱり結婚はできない』と言われました」

相談所はすでに退会していたので、結婚相手を失っただけではなく相談所に払った成婚料も返金されず無駄になった。

次ページ「ヴィトンの財布が欲しい」と言われ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT