婚活男はそれでも「若くて可愛い子」を求める

そして孝雄は20代キャバ嬢に100万円貢いだ

自分の体に触れさせることなく100万を貢がせた20代キャバ嬢が上手なのか、言われるがままにおカネを渡した40男がウブなのか。ホストやキャバ嬢におカネを貢ぐのはよく聞く話ではあるが、実際にそれをした人に初めて出会った。

しかし、これまで女性には苦い思いばかりさせられてきた彼が、今ここにきてなぜまた婚活を再開しようとしているのか。

「ネットで営業を教えるセミナーを見つけたんです。その講師の女性が元銀座のナンバーワンホステスさんという経歴だったんですよ。キャバクラの子の心理が知りたくて、その人に聞いたら何かわかるかと思って参加してみたんです」

結局、講師の女性には話を聞けずじまいだったが、そのセミナーで、47歳の“結婚相談所でつい最近結婚を決めた”という男性に会った。「彼がすごく幸せそうだったんです。彼も50回くらいお見合いをして、なかなかいい相手に巡り合えなかったそうです。

自分の何が悪いのかを考えたときに、“見た目とか年齢とか条件にばかりこだわっていたから、うまくいかなかったんだ”ということに気づいた。条件を取っ払って、申し込んでくれた女性にはすべてに会うことにしたそうです。“その人の本質を見ようと気持ちを変えた時に、今の奥さんが現れた”と言ってました。今まで自分に欠けていたのは、この部分だったんだな、と思ったんです」

ヴィトンの財布に始まり100万円を貢ぐまで、女性が「欲しい」と言ったものは、無理をしてでもプレゼントをしてきた。なんとも高い授業料を払うことにはなったが、ここにきて、品物やおカネでは女性の心は動かせないことを知った。というよりも、それらを要求してくる女性は、そもそもその男性を愛してはいないのだ。

やっぱり見た目や年齢にはこだわる。でも……

「“見た目や年齢にこだわらない”というのはきれいごとで、絶対にどこかでこだわってしまうと思うんです。でも、理想の鎖で体をギチギチに固めていないで、その鎖を一つひとつ外しながら、これからは相手に出会っていこうと思っています」

“これまで失敗の連続だったが、それでももう1度婚活をしよう“。そんな人たちの背中を押すのが、私たち仲人の仕事だ。婚活疲れの果てに、“結婚なんて別にしなくてもいい”“妥協してまで結婚したくない”と、逃げていく人たちが多いなかで、再び婚活の土俵に上がってきた彼を、これからもできる限り応援していきたい。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。