「上野公園には、もうひとつホールが必要だ」

春の上野を一変させた男の次なる野望とは?

IIJ鈴木幸一会長の音楽祭に懸ける思いとは?(写真:尾形文繁)
3月16日から4月16日まで、上野の東京文化会館周辺はピンク色に染まる。桜の色にちなんだ「東京・春・音楽祭」のペナントが貼られるためだ。13年目を迎えるこの音楽祭を一から作り上げてきたのが、IIJの鈴木幸一会長。同氏にこの音楽祭に懸ける思いを聞いた。

上野の春の風物詩として定着した音楽祭

――鈴木会長のお財布から始まったこの音楽祭も、上野の春の風物詩として定着し、今回が13回目。続けることに意義があるとよく言いますが、続けているだけではなく、どんどん発展していますね。

こういうものは発展しないと続かないですからね。少しずつよくしていこうと考えています。一気によくしたほうがいい、という考え方もあるんですが、それには限界がある。なにしろスタッフもわずかですから。

――驚くのはスポンサーの数が急増したこと。一流企業ばかり49社になっていますね。支援企業が増えたことで楽になりましたか。

ところが、そうでもない。増えた分だけ使っていっちゃう。今年もワーグナーシリーズの第8回ということで、4月1日と4日に「ニーベルングの指環」から『神々の黄昏』をやりますが、これは出演者が多いこともあって大変な費用がかかるんですよ。

僕はスポンサーが増えたから楽をしようとは思っていない。スポンサーが増えた分、みなさんがもっと喜んでくれるようなものにしようと考えているし、もっと長続きするようなものにしていきたい。ですから、みんな「相変わらず鈴木さんは病気だね」と思っていますよ(笑)。

次ページメインの出資者は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。