楽天三木谷氏、連続減益でも「自信」語る理由

海外事業で再び「減損」、ただ明るい兆しも

軟調に見える海外事業だが、三木谷浩史会長兼社長は決算説明会で「(海外でも)いよいよ本格的に利益が上がってくる段階になってきた」と、むしろ明るい表情を見せた。

実際、楽天のグローバルにおける流通総額は拡大し、2016年は10兆7000億円(前年比18%増)に達した。中でも好調なのが、米国でEC支援事業を手掛けるEbates(イーベイツ)だ。同社が展開するのは、2600以上のECサイトと提携する会員制キャッシュバックサイト。ユーザーはイーベイツを経由して各ECサイトで買い物すると、最大で十数%のキャッシュバックを受けられる。同時に、イーベイツにもECサイト側からキックバックがもたらされる仕組みだ。

ECのプレーヤーが増え競争が激化するほど、各サイトは顧客との接点を開拓するのが難しくなる。そんな中、米国では、イーベイツのようにわかりやすい消費者メリットを訴求するポータルがより重宝されるようになった。現に衣料品、化粧品といったメーカーのECサイトはもちろん、アマゾンなどの巨大サイトも集客のためにイーベイツを利用している。海外関連ではほかにも、フランスとドイツでマーケットプレイス型(サイトに複数の企業が商品を出品する形)のEC事業が徐々に拡大している。

海外で楽天経済圏を作れるのか?

2016年夏に英国とスペインから撤退するなど、海外事業で大ナタを振るった同社だが、「4カ国(米国、フランス、ドイツ、台湾)に経営資源を集中したことで、大変いい効果が出てきている」(三木谷会長)。

今年からはスペインのFCバルセロナとのグローバルスポンサー契約も始まる(契約料は年間5500万ユーロ)。「楽天が世界で上位にランクされるようなブランドになることで、(イーベイツやヴィキなど)今までバラバラに存在していた海外事業を楽天ブランド化し、会員エコシステムを作りたい」(三木谷会長)。海外でも、日本のようにECやカード、証券、モバイルなどさまざまなサービスが結び付く「楽天経済圏」のような形を構想しているようだ。

海外で明るい兆しが出てきたとはいえ、順風満帆な側面ばかりではない。主力事業である国内EC事業に目を転じれば、ポイント関連の費用がかさみ営業利益が前年を大きく割り込むなど、2017年に持ち越した課題もある。減損を回避し、復活を果たすことができるのか。まさに勝負どころだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。