ロハコの「主張しない日用品」はこう作られる

商品名が「前面に出ないこと」はメリットだ

商品名が「前面に出ない」ことで利用頻度が上がり、さらなる購買につながるという

さまざまな柄のスプレーボトルに、植物の模様がついた瓶や缶。インテリアショップや輸入雑貨店に並んでいそうなこれらの商品、実はすべて一般的なドラッグストアやスーパーでよく目にする大手メーカーのものだ。

よく目をこらすと、小さな文字で「ビオレ」(花王)、「かおりの蔵 丸搾りゆず」(ミツカン)などと、なんとも控えめに商品名が記されている。

おなじみ、ビオレのハンドソープも商品名の表示はかなり控えめ

10月に六本木で開催された「暮らしになじむLOHACO展」。ネット通販の「LOHACO(ロハコ)」(オフィス用品配達のアスクルが一般消費者向けに展開)が旗振り役となり、日用品、食品、化粧品など36のメーカーが冒頭のようなデザイン商品を出品した。これらは展示会に向けて作られた商品だが、実際にロハコ内で販売されているものや、販売を検討しているものも複数ある。

ロハコはなぜ、このような「主張しない日用品」で独自のポジションを築こうとしているのだろうか。

部屋になじまなければ、使われない

LOHACO事業本部の木村美代子事業本部長はこう指摘する。「リアルの店頭で買ってもらうには、商品名や機能性が一目でわかり、たくさん商品がある中で目立つことが重要。ただ、それは自宅に置きたい商品とはちょっと違う」。そしてこの“ちょっと違う”という点をとらえることが、ロハコに商機をもたらしているのだ。

落ち着いたデザインの「リセッシュ」

たとえば、リビング用の消臭スプレー。購入しても、部屋のインテリアや雰囲気になじまない見た目のものだと、見えないように棚にしまう人が多いという。

一方で、部屋になじむデザイン性のあるものなら、見えるところに出しっ放しにする人が増える。「そうすれば使用頻度が上がり、必然的に購入頻度も上がる」(木村本部長)。

実際、デザインを変えたことで販売数が急増した商品、店頭価格より100円以上高くてもコンスタントに売れ続ける商品も登場している。

次ページ販売データをメーカーと共有
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT