新市場でアクセル 日系トラックの危機感

激しさを増す、陣取り合戦

三つどもえのシェア争い

ただ、このドル箱の東南アジア市場で競争が激しくなっている。

インドネシアでは、大中型トラックで日野が、小型トラックで三菱ふそうが、それぞれ5割以上のシェアを握っている。その市場を、これまでタイを主戦場としてきたいすゞが本格的に切り崩しにかかる。いすゞは、インドネシアを新興国向けトラックの生産拠点と位置づけ、現地工場の増強に着手した。先行する2社といすゞの三つどもえのシェア争いが過熱していくことは確実だ。

日野の市橋保彦社長は「今年に入ってから、当社における最大市場のインドネシアで販売の伸びが鈍化している。販売がマイナスということではないが、決して楽観できる状況ではない」と、気を引き締める。

さらに無視できないのが、中国メーカーの台頭だ。

かつてベトナムでは、日野が大中型トラックで5割以上のシェアを握っていた。ところが、07年に低価格の中国製トラックが流入し始めたことで09年以降はシェアが急落。現在では2割を切っている。品質は劣るが、日野の半値近い安値の中国製トラックに、ベトナムの消費者が飛びついたからだ。

ベトナムより経済が発展しているインドネシア、タイ、マレーシアでは現状、中国メーカーの存在感は高くはない。とはいえ今後、中国メーカーの品質やアフターサービスが改善していけば、ベトナムと同じことが起きかねない。実際、「インドネシアでも、中国車が競合となる商談が少しずつ増えている」(日系商用車メーカー幹部)。

「今のうちにさまざまな市場に布石を打つことが、長期的な成長の実現につながる」(日野の市橋社長)。東南アジアにあぐらをかき続ければ、さらなる成長は望めない。日系トラックメーカーの海外市場開拓は新たなステージに移っている。

週刊東洋経済2013年7月20日号

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。