紀伊国屋書店が福岡・天神に10年ぶりに出店

4月下旬、ツタヤなどと「書店戦争」激化か

紀伊国屋書店が出店する商業施設「イムズ」=福岡市・天神

紀伊国屋書店(東京)が4月下旬、福岡市・天神の商業施設「イムズ」に出店する。天神地区に店舗を構えるのは10年ぶり。店舗面積は約1千平方メートル。天神地区にはジュンク堂書店福岡店やTSUTAYA(ツタヤ)天神駅前福岡ビル店など大型書店の集積が進んでおり、再び“書店競争”が激しくなりそうだ。

紀伊国屋は大手書店の天神進出の先駆けとして、1976年に商業施設「天神コア」に出店。天神を代表する書店として親しまれてきたが、競合他社の相次ぐ出店で競争が激化し、2007年に天神から撤退していた。九州では現在、福岡市博多区の博多バスターミナルなど、宮崎を除く6県で計10店を展開している。

作家によるサイン会やトークショーなどのイベントも

当記事はqBiz 西日本新聞経済電子版の提供記事です

新店舗はイムズ4階に入居。最新情報を求める20〜40代の女性向けに、ファッションやライフスタイル、美容に関する書籍や雑誌を集めた「レディーススペース」を設置する。作家によるサイン会やトークショーなどの文化イベントも展開していくという。

天神への再出店について、紀伊国屋の担当者は「人の往来が最も多い天神に再び店を持ちたいとずっと考えていた」と説明。「期待されている専門書の充実に力を入れながら、お客さまに合わせた店づくりを進めていきたい」としている。

(記者:田中良治)

qBiz 西日本新聞経済電子版の関連記事
福岡市が公募屋台28店を選定「カフェ併設」「モラル守る」
伊勢丹、福岡に中小型店 高級衣料扱う路面店検討
「シニアのツタヤ」九州初 17年秋、九大跡地に最大級書店
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • コロナショック、企業の針路
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT