「不倫相手」に選んではいけない人の共通点

社会生活を破壊する一弾に…

既婚男性の中には、“ストーカーされるほど、一度愛されてみたかった”という願望を抱えている人も多い。自分の不倫話を筆者に語る男性は少なくないが、皆、劇的にドラマティックに感じている。恋愛はスタート時点ではドラマだが、やがて日常に埋もれる。しかし、女性の中には恋愛をドラマのままで維持したいと思う人も少なくない。

「相手は38歳の上司で、私が1番と言ってくれて、プレゼントやレストランなど熱心にアプローチをしてくれました。最初は“本気だから妻と別れて結婚する”と言ってくれたのに、だんだん態度が変わっていって……。結局、交際半年が経過しても彼が離婚に対して煮え切らない態度を取るので、不倫関係になったことを同僚に相談。そうしたら、一気に話が広まってしまい、私だけ異動させられました。

バレてから彼の態度がそっけなくなり、私を着信拒否とLINEブロック。彼が私のことを好きだった時期のメールを何度も見て、悔しくて……。愛情ってなんで冷めるんだろうと、毎日泣いていました。一時期、つらくて近所のお寺の写経教室にも通ったんです。

でもやっぱりあきらめきれず、彼と復縁したくて、弁護士に相談。すると、“奥さんから慰謝料を請求される”と言われ絶望的な気持ちになりました。彼を会社の出口で待ち伏せしていたら、“100万円で手を切ってくれ”と言われ、おカネをもらいました。行政書士さんが間に立って、今後いっさい接近しないという誓約書を書かされました。でも、それから1年後、結局、彼は奥さんから離婚されて、出世コースを外れ、関西支社に飛ばされてしまいました」(32歳・メーカー勤務女性)

普通の女子より自分がかわいいことを自覚

ちなみに、こうしたエピソードを紹介してくれた女性たちの容姿は、「学校ではクラスで3番程度」というレベルの容姿だ。彼女たちは普通の女子よりも自分がかわいいことを自覚しており、“男性は自分に夢中になって当然”という認識で生きてきている。

10代、20代とモテてきたから、自分は特別であるという感覚をいつまでも引きずっている。だから、20代後半になってモテなくなり、自分よりレベルが下と考えていた女性たちが結婚し始めると、焦る。すると、心に欠損感ができ、承認欲求が肥大化する。それが、他人の物を奪う=既婚者と恋愛関係を結ぶという行動になって表れることが多いのだ。

そして、恋愛相手の男性が自分に夢中にならなくなると、社会生活を破壊するようになってしまう。

次ページ「不倫=許しがたい悪」という状況
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT