米政府、イランへの新たな制裁を実施へ

ミサイル実験を受けて

 2月2日、米政府はイランの弾道ミサイル発射実験を受け、3日にも同国の複数の団体に新たに制裁を科す方針であることが、事情に詳しい関係筋の話で明らかになった。 イランの国旗、テヘランで2011年撮影(2017年 ロイター/STR)

[ワシントン 2日 ロイター] - 米政府はイランの弾道ミサイル発射実験を受け、3日にも同国の複数の団体に新たに制裁を科す方針であることが、事情に詳しい関係筋の話で明らかになった。 2015年の核合意には違反しない形での制裁になるという。

1人の関係筋は匿名を条件に、テロ関連の活動に関与したとされる約8の団体と、弾道ミサイル関連の活動に関与したとされる約17の団体が制裁対象に指定される見込みだと語った。

制裁は既存の2つの大統領令に基づいており、指定された団体の米国内の資産が凍結されることになる。

ただ、指定された団体やイランとの取引を禁止されている米企業、個人に対する実質的な影響はほとんどないとみられる。

イランは中距離弾道ミサイルの発射実験を1月29日に実施。これを受けてフリン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が記者会見で「イランに正式に警告する」と言明していた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。