親知らず、抜くなら知っておきたい超基本

痛みがいつまでも取れない状態を回避しよう

1.抜歯後2、3日経ってから痛みが増してきた

抜歯後の痛みは通常、抜歯直後がピークですが、抜歯後2、3日経ってから痛みが増してきます。

2.痛みの程度がひどく、長引いている

痛み止めを飲んでもすぐ切れてしまう、なかなか効かない、切れると何も手につかないというような激痛が1週間以上続きます。

3.飲食時に痛みがひどくなる

食べたり飲んだりする時に痛みがよりひどくなります。

4.悪臭がする

ドライソケットになると、抜いた穴から悪臭がします。

5.穴がポッカリと空いて白っぽい

骨が露出しているため、抜いた穴が大きく空いていて内部が白っぽく見えます。

ドライソケットになってしまう原因とは?

1.血の塊を流してしまった

「うがいのしすぎ」「何か吸う動作をして穴に吸引力がかかった」「舌でいじった」などが原因で、せっかく溜まった血の塊が剝がれてしまうことがあります。

2.血の塊ができなかった

血が固まる前に、血行が良くなりすぎることをしてしまった場合(飲酒、激しい運動、風呂に浸かるなど)、血の塊ができないことがあります。

3.血があまり出なかった

麻酔に含まれる血管収縮薬の影響で、正常に出血が起こらない場合があります。

4.難しい抜歯だった

特に深く埋もれた親知らずなど、時間のかかる抜歯の場合、骨が空気にさらされる時間が長くなることでドライソケットが起こりやすくなります。

次ページどんな治療をするのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
クスリの大罪<br>製薬会社、医師、薬局…癒着の構図

薬の処方はどうやって決まるのか。「病状」だけだと思ったら大間違いだ。製薬マネーを介した癒着の構図を明らかにし、学会有力者への謝礼金リストを初公開。ムダな薬による深刻な健康被害にも言及。その薬、本当に必要ですか?