イスラエルが新たな入植者向け住宅を建設

ヨルダン川西岸に2500戸

 1月24日、イスラエル国防省は、ヨルダン川西岸の占領地にユダヤ人入植者のための住宅2500戸を建設する計画を発表した。写真はトランプ米大統領。オハイオ州 で昨年10月撮影(2017年 ロイター/Carlo Allegri)

[エルサレム 24日 ロイター] - イスラエル国防省は24日、ヨルダン川西岸の占領地にユダヤ人入植者のための住宅2500戸を建設する計画を発表した。トランプ米大統領が就任して以来、入植者住宅の建設計画発表は2回目。

声明によると、「日常生活を維持するため」の住宅需要を満たすのが目的という。

トランプ氏は22日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談した。

トランプ氏がこの住宅建設計画を支持しているのかとの質問に対し、ホワイトハウスのスパイサー報道官は「イスラエルは米国の同盟国であり続ける。トランプ氏はイスラエルとの関係強化を望んでいる」と語り、この件について米国側がネタニヤフ首相と協議する意向であることを明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。