イスラエルが新たな入植者向け住宅を建設

ヨルダン川西岸に2500戸

 1月24日、イスラエル国防省は、ヨルダン川西岸の占領地にユダヤ人入植者のための住宅2500戸を建設する計画を発表した。写真はトランプ米大統領。オハイオ州 で昨年10月撮影(2017年 ロイター/Carlo Allegri)

[エルサレム 24日 ロイター] - イスラエル国防省は24日、ヨルダン川西岸の占領地にユダヤ人入植者のための住宅2500戸を建設する計画を発表した。トランプ米大統領が就任して以来、入植者住宅の建設計画発表は2回目。

声明によると、「日常生活を維持するため」の住宅需要を満たすのが目的という。

トランプ氏は22日、イスラエルのネタニヤフ首相と電話会談した。

トランプ氏がこの住宅建設計画を支持しているのかとの質問に対し、ホワイトハウスのスパイサー報道官は「イスラエルは米国の同盟国であり続ける。トランプ氏はイスラエルとの関係強化を望んでいる」と語り、この件について米国側がネタニヤフ首相と協議する意向であることを明らかにした。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権大研究<br>行方を占う5つのポイント

歴代最長の7年8カ月に及んだ安倍政権から何が変わるのか。「自助」好き、「経産省内閣」の継承の有無、解散総選挙など5つの観点で読み解きます。エコノミスト17人へ緊急アンケートを実施、経済見通しと課題も浮き彫りに。

東洋経済education×ICT