イマドキ女子は「不安解消のため」風俗で働く

「ぜいたく」をしたいわけではない

事務職の給料だけでは将来に備えての貯金ができない(写真:Graphs / PIXTA)
広島市を拠点とするデリヘルチェーン「カサブランカ・グループ」の代表、長谷川華さんからこんな話を聞いた。「なんとなく、将来が不安」という理由で応募してくる若い女性が増えている、と。
同グループは2017年1月現在、全国に34店を展開し、2300人超の女性が在籍している。自身もデリヘルにいそしんで独りで子どもを育て、似た境遇にある女性たちが“稼げる”お店を作りたいと起業した長谷川さんだけに、経済的に逼迫しておらず、ただ「不安解消」のために応募してくる女性たちの存在に、当初は首をひねっていた。
しかし同グループに在籍する2人の20代女性の声に耳を傾けると、彼女らは特別に変わった考えの持ち主でもなく、現代の20代が共通して持つ不安や不満に後押しされてデリヘル嬢になったという事実が見えてきた。

「なんとなく不安」で風俗嬢に

風俗嬢になるには、“それなりの”理由がある。そう考える人は多いだろう。飲食店や事務系の仕事をするのとはワケが違う。借金がある、生活が苦しい、学費を払わなければならない、留学したい、ブランド物が欲しい、性的な好奇心を満たしたい――“それなり”の内容はそれぞれでも、何か特別な事情があるから一線を越えるのだ、と考えると納得しやすい。裏を返せば、差し迫った理由がなければ風俗という仕事はする必要がない、ということにもなる。

長谷川さん自身は29歳のときに2児を抱えて離婚し、就業経験がなかったためすぐに経済的に追い詰められ、この世界に飛び込んだ。だからこそ、生活のため家族のためにおカネを稼ごうと在籍している女性たちの事情はよくわかる。

「でも、20代の子たちは“なんとなく”って言うんよ。応募理由を“なんとなく不安だから”って言う普通の学生さんやOLさんが、ここ数年、ほんと増えとるけん、そういうご時世なんかなって思うね。しかもそういう子らは、おカネを使わんの。ほとんどを貯金するんよ」

同グループのナンバーワン店に在籍する、ミチルさん(25歳、仮名)もそのひとりだ。長身のため第一印象はモデル系のクールビューティだが、化粧気がなく眉すらいじっていないため顔立ちはあどけない。

「ふだんは小さな会社で事務職をしています。入社4年目でお給料は手取り16万円。入社時よりは1万~2万円ほど上がったのかな。4大を中退した私でも正社員として採用してくれたし、仕事がツラいということもないし、この額自体に不満はありません」

次ページなぜデリヘルで働くのか?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不妊治療のリアル
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT