「トランプ占い」は「吉」と出るか「凶」と出るか

新大統領の放言に惑わされない米国の見方

さて、最後はお馴染みの競馬コーナーだ。

この週末は、中山競馬場でアメリカズ・ジョッキー・クラブ・カップ(AJCC)が行われる。1960年に日米友好と親善を目的として創設されたレースで、その年の古馬中距離戦を占う一戦となる。ここはひとつ、日米関係のためにも押さえたいレースである。

日米関係を占うAJCCは「ワンアンドオンリー」本命

人気は4歳馬ゼーヴィントや5歳馬リアファルに集まっているようだが、買ってみたい馬がいる。6歳となった元ダービー馬、ワンアンドオンリーだ。3歳秋から不本意な戦績が続いているが、同じ年の皐月賞馬、イスラボニータも昨年秋から3連続2着と復調している。ワンアンドオンリーの前走ジャパンカップは8着だったが、首位のキタサンブラックからはわずか0.8秒差。このメンバーだったら、覚醒もあり得るのではないか。しかも鞍上は今季好調の田辺騎手、このレースは2014年にヴェルデグリーンで、2015年はクリールカイザーで勝っているから心強い。

2番手には、お得意の「中山はステゴ産駒」の法則を発動したいところだが、あいにくマイネルメダリストはすでに9歳、ショウナンバッハは2ケタ着順が続いている。ここはドリームジャーニー産駒のミライヘノツバサを指名する。後は牝馬でシングウィズジョイ、中山金杯2着のクラリティスカイに期待を託す。

寒風吹きすさぶ今の時期の中山は、いかにも勝負をしに来ているという感じがして格別の味わいがあるものだ。今週末はハードボイルドに強気で攻めてみよう。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • トクを積む習慣
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地方反撃 <br>「稼ぐ街」は何が違うのか

政府が地方創生を掲げてから4年半。地方の人口減は止まらず、地方経済は衰退している。地方創生には何が必要か?地域活性化に成功している街を徹底的に分析、再生のための具体的な処方箋を探る。自治体や街づくりの関係者にはアイデア満載の特集。