中国政府系紙、「貿易戦争なら米企業に報復」

米トランプ新政権の政策をけん制 

 1月19日、写真は中国共産党機関紙「人民日報」系の国際情報紙である環球時報は社説の中で、米国のトランプ次期政権が中国と貿易戦争を起こす場合、米企業は中国による「報復」の標的となり得ると警告した。上海自由貿易区の洋山深水港で昨年9月撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[北京 19日 ロイター] - 中国共産党機関紙「人民日報」系の国際情報紙である環球時報は19日の社説で、米国のトランプ次期政権が中国と貿易戦争を起こす場合、米企業は中国による「報復」の標的となり得ると警告した。

トランプ氏と次期商務長官に指名されたロス氏は、中国の通商慣行を厳しく批判し、対抗措置を講じる姿勢を示している。

環球時報は中国語版と英語版の社説で、米経済が力強さを増す中で、いったん貿易戦争が始まれば、中国はさらに打撃を受けるかもしれないが、「最後まで米国と戦うだろう」と指摘。

「近代の貿易戦争で片方だけが降伏した例はほとんどなく、双方が妥協して終わるのが通例だ」とした上で、「トランプ氏らは中国の報復能力を過小評価してきた。中国は米国産の綿、小麦、豆、ボーイング製航空機の主要顧客だ」と主張し、報復を警告した。

ボーイング<BA.N>の中国オフィスはコメントを拒否した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT