2017年、世界の広告市場で何が起きるのか?

ついに北米でデジタルとテレビが逆転する

ゼニスの予測によると、広告支出に占めるモバイルの割合が増加するとともに、モバイルは広告支出の増加部分を実質的にすべて吸い上げるという。とりわけデスクトップ広告は、モバイル広告の急増と対照的に減少が見込まれている。

「詰まるところ、どこで広告支出が増えるのかを予想するには、どこで人々がもっとも長く時間を過ごすかを調べる必要がある」と、調査会社アルティミターグループのアナリスト、オマー・アクタル氏は語る。「この問いに対する答えは、ますますモバイルになりつつある」。

セクター別の世界広告支出の変化(2016年と2019年の比較)

ソーシャル動画の成長

ソーシャル動画は、予測されるモバイルの成長を牽引する主力になる。フェイスブックの「ライブ動画」からスナップチャットの「ディスカバー」まで、各プラットフォームは近年、動画プロダクトを強化しており、この傾向は今後も続くだろうと、調査担当者らは予測する。マグナによると、ソーシャル動画への広告支出は、2016年の約20億ドル(約2300億円)から2018年の80億ドル(約9200億円)に跳ね上がる見込みだという。

「モバイルの利用時間の多くはソーシャルにあてられるので、モバイル動画消費の高まりはソーシャル動画に恩恵をもたらすだろう」と、バーブロウ氏は語る。「私の予想では、ソーシャルプラットフォームが動画の推進に一層力を入れることも、ソーシャル動画消費が増加する一因になるだろう」。

米国におけるソーシャル動画広告支出の推移

Ross Benes (原文 / 訳:ガリレオ)

DIGIDAY[日本版]の関連記事
世界の広告支出額、テレビの王座は「あと1年」という予測:2017年ネットがついに逆転か?
デジタルがテレビを超す予測の北米、膨張する中国:今週のデジタルマーケティングサマリー
2019年5兆円の旅:中国のモバイル広告は新しい龍を生む

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。