2017年、世界の広告市場で何が起きるのか?

ついに北米でデジタルとテレビが逆転する

ゼニスのデータによると、北米では2017年、デジタル広告支出がテレビ広告支出をはじめて上回る見込みだという。ゼニスは、テレビへの支出が伸び悩む一方、デジタルへの支出は増加し続けると予測する。

「この逆転がいずれ起きることはわかっていた」と、ゼニスでパブリケーションマネージャーを務めるアン・オースティン氏は語る。「それはいつかという問題に過ぎなかった」。

北米の広告支出(インフレ調整後)

変化する支出の内訳

2016年と2019年の世界広告支出の内訳を比較すると、モバイルがシェアを伸ばす一方、ほかの主要な広告セクターは軒並みシェアを減らすと予測される。

「モバイルは、ソーシャルメディアへの参加、メールの利用、(モバイルアプリを介した)ブランドや小売店との関わりに最適なデバイスであることに加えて、アドブロックソフトウェアの影響を受けないし、適合率と反応率を高める重要な位置情報をマーケターに提供する場合も多い」と、調査会社レリバンシーグループで調査担当バイスプレジデントを務めるニック・アインシュタイン氏は指摘する。

次ページモバイルが成長を独占
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。