2017年、世界の広告市場で何が起きるのか?

ついに北米でデジタルとテレビが逆転する

2017年の世界広告市場の展望とは?(写真:編集部)

新しい年まで残り2週間を切った。来年の広告市場を予測する時期の到来だ。

メディア戦略企業のマグナグローバルとメディアエージェンシーのゼニスがそれぞれ発表したレポートは、中国の広告市場が諸外国の主要な広告市場を上回るペースで成長を続けること、2017年にはついにデジタル広告支出がテレビ広告支出を上回ることを予測している。調査担当者らはまた、広告市場における世界的な増加部分のほぼすべてをモバイルが占め、ソーシャル動画がモバイルの成長を牽引する主力になると予測する。

本記事では、2017年の世界広告市場の展望を、5つのグラフとともに説明する。

成長を続ける中国

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

マグナのデータによると、2016年の広告売上は、米国市場のみで約1800億ドル(約21兆円)と予測され、世界全体の約37%を占めるという。米国市場は依然として中国市場のほぼ2倍の規模だが、中国における広告支出は米国との差を縮め続けるとみられる。米国を別にすると、中国はほかの諸外国を撃破しつつある。

中国の広告市場に成長をもたらしている要因には、同国の規模や、国民1人あたりの国内総生産(GDP)の増加、オンライン接続環境の改善などが考えられると、調査会社フォレスターのアナリスト、ブランドン・バーブロウ氏は語る。

米国を除く主要国の広告支出(インフレ調整後)
次ページデジタルがテレビを上回る
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 就職四季報プラスワン
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。