不動産は今から買うのはやめたほうがいい

今のうちに2017年の金利上昇の影響を考える

円安に株価がこれまでのように反応しない理由は、米国の金利上昇が資産価格に対してもたらすマイナスの影響を市場参加者がそろそろ気にし始めたからだと考えるのが妥当だろう。

経験的に言って、米国の利上げが始まってから、一回目、二回目の利上げで株価がクラッシュするケースは少ない。高水準の株価が維持されながらも、徐々に金利上昇の負担に耐えられなくなった時に、上げ相場は終わる。いかなる強気相場といえども、金融引き締めに最終的に勝つことは出来ないのが相場の原則だ。

「今回は前回と違う」と考えてはいけない

トランプ氏の大統領就任後に、インフラ投資や減税(本当にできるのか?)が実現して、相場が盛り上がる事態も可能性として考える必要はあるが、投資にあって最も危険な言葉の一つは「今回は、前回と違う」だ。

筆者は、巷間言われているように、2017年に3回も利上げするほどFRBは利上げに積極的でないと感じているが、3回まで行かなくとも、次回あるいはその次の前後に米国の株価が大きく下落するような局面が来てもおかしくないと考えている。

もちろん、株価の暴落は、利上げにタイミングを合わせて起こるわけではない。「ある日、ふと起こる」のが通例だ。今すぐではないとしても、そろそろ警戒し始める方がいいのではないだろうか。筆者は、現在、そう考えている。

かつて、ストラテジストを仕事としている知人が「上がったら売りとか、下がったら買い、とかいうような予想は男らしくないですね。単に、『売り』か『買い』のどちらかを言えばいいのですよ」と言うのを聞いて、「潔い!」と思って感動したことがある。

今、筆者が彼のように潔くなるためには、「まだ強気(=買い)」なのか「もう弱気(=売り)」なのか、どちらかに決めなければならない。

とはいえ、強気にも弱気にも「程度」がある。投資家は、自分自身が実際に持っているポートフォリオをどのように調整するのがいいかを、自分が持つ「見通しの内容」とその「実現確率」と「自分が間違えている確率」を見積もった上で「程度の問題として」決定しなければならない。

次ページ結局、これから「買い」なのか「売り」なのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 雨宮塔子から見える景色
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT