ドイツ銀が米司法省と72億ドル支払いで和解

モーゲージ担保証券をめぐる不適切な販売で

 12月23日、ドイツ銀行は、2005-07年のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切な販売などをめぐり72億ドルを支払うことで米司法省と和解した。写真はフランクフルトにある同行本店。2015年6月撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski/File Photo)

[23日 ロイター] - ドイツ銀行<DBKGn.DE>は、2005-07年のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切な販売などをめぐり72億ドルを支払うことで米司法省と和解した。

和解では民事上の罰金として31億ドルを支払うほか、米国での消費者救済に向け41億ドルを拠出する。

ただ、ドイツ銀は最終合意ではないとしている。

この問題をめぐっては9月にドイツ銀に最大140億ドルでの和解が提案されたため、ドイツ銀の株価が急落。公的支援の観測まで浮上した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。