ドイツ銀が米司法省と72億ドル支払いで和解

モーゲージ担保証券をめぐる不適切な販売で

 12月23日、ドイツ銀行は、2005-07年のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切な販売などをめぐり72億ドルを支払うことで米司法省と和解した。写真はフランクフルトにある同行本店。2015年6月撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski/File Photo)

[23日 ロイター] - ドイツ銀行<DBKGn.DE>は、2005-07年のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切な販売などをめぐり72億ドルを支払うことで米司法省と和解した。

和解では民事上の罰金として31億ドルを支払うほか、米国での消費者救済に向け41億ドルを拠出する。

ただ、ドイツ銀は最終合意ではないとしている。

この問題をめぐっては9月にドイツ銀に最大140億ドルでの和解が提案されたため、ドイツ銀の株価が急落。公的支援の観測まで浮上した。

人気記事
トピックボードAD
  • 30歳とお金のリアル
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。