ドイツ銀が米司法省と72億ドル支払いで和解

モーゲージ担保証券をめぐる不適切な販売で

 12月23日、ドイツ銀行は、2005-07年のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切な販売などをめぐり72億ドルを支払うことで米司法省と和解した。写真はフランクフルトにある同行本店。2015年6月撮影(2016年 ロイター/Ralph Orlowski/File Photo)

[23日 ロイター] - ドイツ銀行<DBKGn.DE>は、2005-07年のモーゲージ担保証券(MBS)の不適切な販売などをめぐり72億ドルを支払うことで米司法省と和解した。

和解では民事上の罰金として31億ドルを支払うほか、米国での消費者救済に向け41億ドルを拠出する。

ただ、ドイツ銀は最終合意ではないとしている。

この問題をめぐっては9月にドイツ銀に最大140億ドルでの和解が提案されたため、ドイツ銀の株価が急落。公的支援の観測まで浮上した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT