伊の大手銀行モンテ・パスキ「増資計画失敗」

政府による銀行公的支援の公算が高まる

 12月22日、モンテ・パスキが増資計画は失敗に終わったと発表した。写真はイタリア中部の同行前で1月撮影(2016年 ロイター/Max Rossi)

[ミラノ 22日 ロイター] - 経営難のイタリア大手銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)<BMPS.MI>は22日、増資などを通じて50億ユーロ(52億ドル)を調達する計画は失敗に終わったと発表した。これを受け、イタリア政府による公的支援実施の公算が高まった。

モンテ・パスキは、コーナーストーン投資家を確保できなかったことは債務の株式交換計画の撤回も意味すると表明。債務の株式交換では20億ユーロを確保したが、提供された債券は返却するとしている。

また、増資などに関与したJPモルガンとメディオバンカなどのアドバイザーに対し手数料は支払わないとした。

モンテ・パスキは増資とともに不良債権の売却も計画していたが、増資が失敗に終わったことで不良債権売却も進めることができなくなった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。