2017年の鉄道業界は何が起きるのか?

観光列車人気は続き、廃止した路線の復活も

姨捨駅で試験走行中の「トランスイート四季島」(記者撮影)

金沢開業による北陸新幹線ブームに沸いた2015年、北海道新幹線開業で本州と北の大地が初めて新幹線で結ばれた2016年と比べると、2017年は新幹線の話題には欠けるかもしれない。しかし、2017年はJR発足30周年という節目の年でもある。鉄道業界全体を見渡すと、話題は目白押しだ。

最大の話題はJR東日本とJR西日本が相次いで豪華寝台列車を投入することだろう。JR東日本の「トランスイート四季島」は5月から運転開始する。内装は現在も鋭意制作中だが、車体はすでに完成しており、運行エリアである東日本や北海道の各地を試験走行している。昼間はシャンパンゴールドの車体が軽やかな印象を与えるが、夜になると「森の木々」を思わせる窓の明かりが暗闇の中に浮かび上がる。

「新たな長距離列車」の開発も

JR西日本は「トワイライトエクスプレス瑞風」を6月から運行開始する。10両編成がそろった姿はまだ公式に披露されていないが、完成した車両はやはり西日本エリアの各地を試験走行している。外観の配色は先代のトワイライトエクスプレスと同様にグリーンが用いられる予定だが、現在は黒いラッピングで覆われ、色を確認することはできない。

JR九州の「ななつ星 in 九州」と合わせると、日本国内に3つの豪華寝台列車が“競演”することになる。ななつ星は運行開始から3年たった今も予約状況が20倍を超える人気ぶりだし、予約を開始した四季島もななつ星に負けない高倍率だ。世間の関心も高く沿線自治体にとってはPR効果抜群だが、「料金が高くて乗れない」と嘆く人も多いだろう。

そんな声を受けて、JR西日本は、「瑞風よりも気軽に利用できる新たな長距離列車」(来島達夫社長)の開発を表明している。まだ検討をスタートさせたばかりの段階で、いつ、どこを走るかは未知数だが、その列車の概要が2017年に発表されれば、今年のビッグニュースとなることは間違いない。

次ページJR可部線が延伸する意味とは?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT