メキシコの花火市場で爆発、27人の死亡確認

負傷者は少なくとも70人

 12月20日、メキシコの首都メキシコ市近郊の花火市場で、爆発があり、少なくとも27人が死亡した。地元当局者が明らかにした。写真は花火市場爆発現場で作業を行う消防隊員。メキシコ市郊外トゥルテペックで21日撮影(2016年 ロイター/EDGARD GARRIDO)

[メキシコ市 20日 ロイター] - メキシコの首都メキシコ市近郊の花火市場で20日、爆発があり、少なくとも27人が死亡した。地元当局者が明らかにした。また警察はツイッターで、負傷者は少なくとも70人に上ると発表した。

爆発が起きたのは、メキシコ市の北約32キロにあるトゥルテペックの花火市場。地元テレビの映像では、市場の上空に煙が立ち上る中、花火が爆発しているのが確認できる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT