メキシコの花火市場で爆発、27人の死亡確認

負傷者は少なくとも70人

 12月20日、メキシコの首都メキシコ市近郊の花火市場で、爆発があり、少なくとも27人が死亡した。地元当局者が明らかにした。写真は花火市場爆発現場で作業を行う消防隊員。メキシコ市郊外トゥルテペックで21日撮影(2016年 ロイター/EDGARD GARRIDO)

[メキシコ市 20日 ロイター] - メキシコの首都メキシコ市近郊の花火市場で20日、爆発があり、少なくとも27人が死亡した。地元当局者が明らかにした。また警察はツイッターで、負傷者は少なくとも70人に上ると発表した。

爆発が起きたのは、メキシコ市の北約32キロにあるトゥルテペックの花火市場。地元テレビの映像では、市場の上空に煙が立ち上る中、花火が爆発しているのが確認できる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT