メキシコの花火市場で爆発、27人の死亡確認

負傷者は少なくとも70人

 12月20日、メキシコの首都メキシコ市近郊の花火市場で、爆発があり、少なくとも27人が死亡した。地元当局者が明らかにした。写真は花火市場爆発現場で作業を行う消防隊員。メキシコ市郊外トゥルテペックで21日撮影(2016年 ロイター/EDGARD GARRIDO)

[メキシコ市 20日 ロイター] - メキシコの首都メキシコ市近郊の花火市場で20日、爆発があり、少なくとも27人が死亡した。地元当局者が明らかにした。また警察はツイッターで、負傷者は少なくとも70人に上ると発表した。

爆発が起きたのは、メキシコ市の北約32キロにあるトゥルテペックの花火市場。地元テレビの映像では、市場の上空に煙が立ち上る中、花火が爆発しているのが確認できる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
デザインの力で開く新たな価値観<br>プロダクトデザイナー 柴田文江

オムロンの体温計「けんおんくん」やコンビのベビー用品。暮らしに関わるプロダクトのあり方と、身体性を反映した柔らかな造形を追求してきた柴田氏の作品だ。女性初のグッドデザイン賞審査委員長への歩み、そして今考えていることとは。