「アフリカ市場」は中国人に席巻される寸前だ

「DMM.com×ビィ・フォアード」トップ対談

山川:ありがとうございます。DMM.africaでは、何を仕掛けようと考えていらっしゃるのですか。

亀山敬司(かめやま けいし)/DMM.com取締役会長。石川県加賀市出身。税理士を目指して上京するも、露天商に弟子入りし、商売・経営の世界へ。現在、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタ、VRシアター、アフリカ事業、スタートアップ支援と多岐にわたる事業を展開する(撮影:梅谷 秀司)

亀山:何をしようか、それを探しているところなんですよね(笑)。いま、アフリカビジネスコンテストを定期的に開催し、現地の人たちからビジネスのアイデアを出してもらっています。そのコンテストには、政府高官の方にも参加してもらっている。そうすることによって、アフリカでビジネス展開をする時に必要な人脈を築けるからね。

それに、アフリカって非常に優秀な人が大勢いる。それこそ海外の一流大学に留学して学んだ人たちが、母国に戻ってきたのはいいけれども、実は仕事がない、なんてことが結構あるみたいだね。そういう人たちが今、何をしているのかというと、自ら起業し始めた。そもそも仕事がないから、自分で仕事を作ろうという発想なんですね。この流れが今後、どんどん大きくなっていくと考えている。

そこで、現地の人たちからアイデアを出してもらい、面白いものにはDMM.comグループとしておカネを出し、一緒に育てられるビジネスを考えていく。それが、DMM.africaを通じて今後、やろうとしていることかな。

山川:それは心強い。アフリカの人たちに接していると、とても熱い想いを感じることがあります。アフリカ大陸の国々って、多くが建国してから50年程度ですよね。だから建国した人たちの子供、孫くらいの世代が社会の中心を担っていて、彼らは少しでも国を発展させ、良くしようという気持ちが強いんです。

亀山:アフリカビジネスコンテストには、本当にいろいろなアイデアが出てくるんだよ。たとえば農業用アプリとかね。作物の育て方などを教えてくれるアプリで、これを使って学べば、誰でも農業に従事できるようになる。

あと、個人的にはマネー関連が面白いかもね。特にジンバブエのようにハイパーインフレに見舞われた国は、通貨がやばいから、ビットコインのような仮想通貨が普及するんじゃないかとかね。日本とは別の切り口で、仮想通貨が注目される可能性がある。

日本はモノやサービスが溢れているから、日本的視点だと思いつかないようなビジネスアイデアが、アフリカでは持てはやされるかもしれないよね。

SNSを制する者がビジネスを制する

山川:ブランドづくりという点でも、日本の手法が通用しない面はあるかもしれません。というのも、アフリカで商売するようになって驚いたのが、広告宣伝がいらないということだったからです。

日本だと、ブランド力を広めるためにテレビや新聞、雑誌などのマスメディアに、高い広告料金を払って宣伝するというのが普通ですけれども、アフリカではうちから車を買ってくれた人が、勝手に口コミで広げてくれます。だから、マスメディアよりもSNSですね。いずれにしてもブランドづくりという点において、日本とはまったく違うという印象を受けました。

亀山:面白いな。いずれ日本もそうなるかもね。マスメディアが持つ意味合いが、これから大きく変わっていくような気がする。良いサービス、良い製品をきちっと作っておけば、あとはユーザーが勝手に広げてくれるので、マスメディアを使って宣伝する必要がなくなってきた。

だから、日本でビジネス展開をしている企業も、もっと広告費を削っていいんじゃないかな。で、削った広告費で、SNSを駆使した話題づくりをする。そこにおカネを掛けたほうが、これからは拡散しやすいのではないかと思うよ。

次ページ急成長するアフリカ、残された時間はわずか
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。