独自調査、痴漢検挙の82%が鉄道内だった!

情報開示でわかった車内・駅での被害実態

検挙数100件以上となったその他の組み合わせと比べても、電車内の危険度は際立っている。場所と行為と検挙数を並べると以下のようになる。

1位:電車内の痴漢…2906件(9.0)
2位:駅構内の盗撮…  829件(2.6)
3位:店舗内の盗撮…  488件(1.5)
4位:路上の痴漢……  355件(1.0)
5位:電車内の盗撮…  312件(1.0)
6位:駅構内の痴漢…  173件(0.5)
7位:店舗内の痴漢…  161件(0.5)
※件数は3年間の検挙数。カッコ内は「4位:路上の痴漢」を1としたときの検挙数の割合。

 

1位・2位となった電車内の痴漢と駅構内の盗撮だけで、検挙数は計3735件に上り、全体の63.7%を占める。また、発生場所を鉄道関係(電車内・駅構内)とそれ以外に分けると、鉄道関係だけで計4289件に達し、全体の73.2%を占めていた。

路線名・駅名は不明の「詳細データ」

電車内の痴漢で最多だったのは「さわり・撫で」の1719件で、次点となった「陰部押しつけ」の179件より約10倍も多い。「陰部押しつけ」のうち12件は「露出あり」だった。痴漢方法は警視庁が2015年分のデータを入力していないため、2013年と2014年の合計だ。

データ中、盗撮に使われた機材も「スマホ」「二つ折り(ガラケー)」「スライド式」「ビデオカメラ」「ビデオ」「その他」に分けて集計されている。これによると、全体的な使用機材はスマホが圧倒的に多く、駅構内の盗撮に限っても829件中670件(80.1%)がスマホ利用で、デジタルカメラと二つ折り携帯は35件と25件にとどまった。

卑わいな言動は検挙数100件と少ないが、発生場所別で見ると、トップが店舗内30件、次いで電車内28件、3位が路上25件、駅構内17件と続いた。

卑わいな言動の内訳は「文言」「スカートめくり」「その他」の3つと乏しく、路上のスカートめくり以外は「その他」が最多となっており、実際の行為を推測することは難しい。そのためか、警視庁も2015年分のデータは、卑わいな言動の内訳入力を省略している。なお、スカートめくりは路上が12件、駅構内と店舗内が各5件、電車内が4件だった。

警視庁はこのように迷惑防止条例違反の詳細データを作成しているが、路線名などは存在せず、「JR」「私鉄」「都営」という事業者の区分が3つあるだけだ。

このことにより、3年間の合計がJR1566件、私鉄1301件、都営395件だったことはわかる。しかし、鉄道利用者がもっとも知りたい路線名と駅名はまったく不明だ。データのもととなった捜査資料からも隠されていた。

次ページ開示データは墨塗りだらけ
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT