独自調査、痴漢検挙の82%が鉄道内だった!

情報開示でわかった車内・駅での被害実態

ほぼ全面的に墨塗りされた報告書。発生した路線名や駅名はわからない(筆者撮影)

開示されたデータは、各警察署が事件ごとに作成したA4用紙一枚の「事件捜査等結果報告書」がもとになっている。

同報告書には、被疑者と被害者の氏名や住所、事件の概要、捜査の経過、押収品や余罪の有無などの項目があり、罪名・罰条という欄には、一部で神奈川県や埼玉県の迷惑防止条例違反の記述が見られ、都県をまたいで違反行為が発生していることがわかる。

しかし、同報告書は、警察内の事務手続きに関する部分以外、ほぼ全面的に墨塗りされ、何が書かれているのかまったくわからないようになっていた。警視庁によると、路線名や駅名といった発生場所は、墨塗りされた「事件の概要」の欄に書かれているという。鉄道利用者にとって、身の安全を図る上で必要な情報が隠されているのだ。

ところが、警視庁は2005年2月、痴漢行為や盗撮といった迷惑防止条例違反の検挙数が多い路線名を、みずから公表したことがあった。当時の報道によると、1位のJR埼京線と2位の中央線がダントツに多く、3位以下は総武線、京王線、山手線などが入った。背景には、東京都と警視庁が鉄道事業者に対し、女性専用車両の導入拡大を要請したことがあるという。

また、警察庁も、2011年3月にまとめた「電車内の痴漢撲滅に向けた取組みに関する報告書」で、検挙数が多かった路線はJR埼京線、中央線、京王線、東海道線、小田急線、東急田園都市線、総武線だったことに触れている。

一部府県の警察は発生場所を公表している

さらに、一部府県の警察は、登録者向けにメール配信する防犯情報で、違反行為の発生を場所を明示して知らせることがある。最近では、以下のような情報が実際に配信されている。

●下京署と鉄道警察隊は、本日、下京区JR京都駅構内のエスカレーター上において、女性のスカート内を盗撮していた男を逮捕しました。(京都府警11月16日)
●JR富士駅からJR静岡駅までの間を走行中の電車内。電車乗車中、隣に座った男にしつこく身体を触られた。(静岡県警11月15日)
●JR高知駅からJR一宮駅間の列車内。男がズボンを下げ、下着姿で大声を出していたもの。(高知県警10月26日)

 

このように、路線名や駅名は公開可能な情報ということだ。違反行為があったすべての路線名と駅名の集計結果が公表されるようになれば、鉄道利用者の安全向上に役立つのはもちろん、対策を進める上でも有効なはずだ。全国の警察と鉄道事業者は、ぜひとも公表を検討してもらいたい。

次ページ発生場所別の集計データを一挙公開
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT