「世界最高のレストラン」は何がスゴいのか コペンハーゲンが誇る「NOMA」の秘密

拡大
縮小
発酵させた生地にグリーンピースを載せた前菜。人手がないと不可能な手間のかかる料理。NOMAでの食事は1900デンマーククローネ(2万9910円)

 

低予算、最大限、最先端のライフスタイル――。ごく普通のサラリーマンなのに、月に一度は海外旅行へ出かける橋賀秀紀氏。有名な星付きレストランにも足しげく通う、世界のレストラン事情に通じる、格安旅行の達人だ。
同氏がそのノウハウを惜しげもなく披露するのが週刊東洋経済の新連載「サラリーマン弾丸紀行」。12月3日号(11月28日発売)に掲載された連載第1回の全文をお届けする。

 

週刊東洋経済は特集だけでなく、連載がスゴいんです。この連載がオンラインで読めるのは第1回だけ。毎週見逃さないようにするためには、おトクな定期購読をご活用ください

私は首都圏在住の凡庸な40代。妻と共働きだが、二人とも勤務先は中小企業で稼ぎも知れている。それでも「3日休めたら海外」というルールを定め、月1ペースで海外旅行に出掛ける。

とりわけ楽しみにしているのが現地での食事。第1回はデンマーク・コペンハーゲンにある「世界一」のレストランを取り上げたい。

「エル・ブリ」の45席に年間200万人の予約が殺到

長い間、世界の食は、フランスを中心に回ってきた。現在でも公式晩餐会ではフランス料理を供するのが外交のプロトコルとなっている。しかし美食の世界では21世紀以降、スペイン、そして北欧や日本、中南米が脚光を浴びるようになった。

口火を切ったのがスペイン・カタルーニャのレストラン、エル・ブリだ。液体窒素を利用するなど、化学的な手法を取り入れた料理で注目を集め、世界のベストレストラン50で2006年から4年連続1位を獲得した(2011年閉店)。45席に年間200万人の予約が殺到し、世界一予約が取れないとも言われ、話題を呼んだ。

次ページポスト「エル・ブリ」は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT