「及位」「道徳」「前後」…読める?珍駅名10選

もうすぐ見られなくなりそうな駅名も

JR北海道の於札内駅。高額紙幣ではおつりがなさそう?(筆者撮影)

9月26日掲載の記事では、ビジネストークや普段の会話で使えそうな面白い駅名を紹介した。だが、全国の駅名の中には、笑える駅名、別の言葉を連想してしまう妙な駅名、普通名詞のような駅名がまだいくつもある。今回は会話のネタに使えそうなものにこだわらず、そうした駅名をピックアップしてみよう。

おかしくない?お札がない?

1)笑内(おかしない)【秋田内陸縦貫鉄道(秋田県)】

この連載の記事一覧はこちら

まずは、「笑」という字の入った駅名ということで、秋田内陸線の笑内(おかしない)を挙げておこう。小さな無人駅で、角館から内陸線に乗っていくと、拠点駅の阿仁合の少し手前にある駅だ。駅名は所在地の地名から付いた。北海道によくある「○○内」と同じくアイヌ語起源で、オ・カシ・ナイ(川尻に・仮小屋ある・川)に由来するものの、元の意味とは関係のない漢字を当てたと言われている。

しかし「オカシ」という音を「笑」で当てるとは、洒落っ気たっぷりで、文字通り笑ってしまう。無人駅で売店も何もないけれど、阿仁合駅で笑内駅の駅名標キーホルダーを買ったことがあるし、笑内チーズ饅頭をオンラインショップで取り寄せることもできる。

2)於札内(おさつない)【JR札沼線(北海道)】

「○○内」という北海道によくある駅名の中で面白いもののひとつに、札沼線(学園都市線)の於札内がある。ワンマン運転のディーゼルカーに乗って、降りる時に1万円札で支払おうと思っていると、「おさつない」と言われ、お釣りの千円札がないのかと焦るかもしれない(笑)。

札幌を早朝に出発し、石狩当別で新十津川行きに乗ると、於札内には9時14分に到着する。39分滞在して、9時53分発の石狩当別行きで札幌方面へ戻る。現在、於札内駅を往復列車で訪問するには、この行程しかありえない。1日1往復と極限まで切り詰められたダイヤもいつまで続くのか?於札内駅を含む北海道医療大学-新十津川間は、JR北海道が「単独での維持が困難」としている線区。残念ながら、廃止は刻々と迫っている。

次ページ降りたとたんに「わっ寒い・・・・・・」
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。