日本と韓国、「軍事情報包括保護協定」に署名

北朝鮮の脅威に対抗

11月23日、日韓両政府は軍事情報包括保護協定に署名、締結した。写真は協定に署名する両国代表。聯合ニュース提供(2016年 ロイター)

[ソウル 23日 ロイター] - 日韓両政府は23日、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)に署名、締結した。北朝鮮によるミサイル開発や核関連活動の脅威が高まる中で、日韓は安全保障分野での機密情報の共有が可能になる。

両国の軍事情報協定はもともと2012年に締結される見込みだったが、世論の反発などに配慮した韓国が延期を申し入れた経緯がある。

長嶺安政駐韓大使と韓国の韓民求・国防相がソウルで署名式典に出席した。

世論調査会社のギャラップ・コリアによる18日の調査によれば、1007人のうちの59%が、日韓の軍事情報協定に反対と回答した。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中原圭介の未来予想図
  • ココが違う!結果びと
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。