ジャガーが仕込む「EVスポーツカー」の実力

5ドア4WD、斬新な設計で2018年に登場へ

ジャガー「Iペース/コンセプト」の実車を見てきた

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

ジャガーが電気自動車「I(アイ)ペース/コンセプト」を発表。スタイリッシュな外観と、400馬力を目指すという性能ぶりで、2018年の発売を前に早くも話題を呼んでいる。ロサンジェルスで実車をじっくり見て、話を聞いてきた。

画像で観ているよりはるかに美しい。ジャガー I(アイ)ペース コンセプトの実車に接しての最初の感想だ。「または5シーターのスポーツカー」(ジャガーカーズ)と謳われるだけあり、シルエットはクーペを少し思わせる躍動感が特徴的だ。僕にとっては、同社初のスポーティSUVとして人気のFペースとの関連性を意識させたが、ホンモノは見る角度でことなった表情を見せ、まさにスポーツカー的な雰囲気も。よく練られたデザインと感心させられた。

実車に出合ったのはロサンジェルス。僕は世界各国から集められたジャーナリストのひとりとして発表会に参加したのだ。お披露目は2016年11月14日。同月16日からのロサンジェルスの自動車ショーを控えて、ベバリーヒルズ近くのクローズドな場所での公開であった。

ジャガーにとって気合いが入っているとつくづく思わせられたのは、ヘッドセットを使ってバーチャルリアリティによるプレゼンテーション。自分が宇宙を浮いているかと思うと次の瞬間にIペース コンセプトの車内にいるという、とても不思議なリアリティを持った内容で、斬新さがみごとにアピールされていた。

Iペース コンセプトはジャガーにとって初の電気自動車としてゼロから設計されたモデルだ。断言は出来ないけれど、現在、ガソリンとディーゼルという内燃機関のクルマしか持たない同社は、これでハイブリッドをとびこえて、電気自動車の時代へと入ることになる。

「自動車史はここでひと段落し、新しいページをめくることになる」と記者会見の席上でジャガーのデザインを統括するイアン・カラム氏は語った。まさにその言葉を裏付ける内容を感じさせるモデルだった。

次ページZEV規制とは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT