ニトリ、27連勝記録に黄信号

急激な円安で環境一変、「安さ追求」は限界か

「27期連続増収増益は何が何でも達成したい」。似鳥社長の悲願こそが、戦略の背景にある。これまでの26期連続増収増益は、確かにすさまじい。平成バブルの終焉、金融危機、ITバブル崩壊、リーマン・ショックなど、幾度の難局をすべて乗り切ってきたからだ。ニトリにとって、収益拡大を続けるという“常勝”は、もはや至上命題と化している。

それだけにニトリは、急激な円安の進行という逆風下で、自社の経営理念でもあるニトリ憲法を仮改正し、大胆な商品戦略を採ってでも、連勝記録が途絶えてしまう事態を避けたいのだろう。

商品切り替え率を上げると…

ただ、コトはそう単純でもない。商品の切り替え率を大きく上げるということは、SPAであるニトリの生産・在庫管理、販売の現場に大きな負荷をかける可能性がある。各業務は従来以上に複雑になるかもしれない。その結果、たとえば想定以上の在庫を抱えてしまうというような事態が起こった場合、円安とは別の収益圧迫要因ともなりかねないリスクもはらんでいる。

昨年11月に、ニトリが値下げ宣言を行ったときは、歴史的な円高局面だった。あれからたったの半年。あの強烈な追い風は今、かつてない勢いの逆風となってニトリの周りに吹き荒れている。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT