アストンマーティン旗艦モデルのスゴい実力

「バンキッシュ」はさらなる磨きをかけた

 

新型「ヴァンキッシュ S」の進化

当記事は「GQ JAPAN」(コンデナスト・ジャパン)の提供記事です

アストンマーティンは11月16日、フラグシップモデル「ヴァンキッシュ S」を発表した。次の1世紀を迎えるに相応しいスポーツカーとして、創業100周年の2013年に登場した先代「ヴァンキッシュ」。新型は如何なる進化を遂げたのか。

現代のアストンマーティンにおいて、量産モデルのフラッグシップとなっているのが、この2代目「ヴァンキッシュ」。そのデビューから約4年を経た今年11月16日、英国ゲイドンのアストンマーティン本社より、進化型である「ヴァンキッシュ S」が発表された。

新型ヴァンキッシュ Sは、従来型ヴァンキッシュをベースに、エンジンやシャシー、エアロダイナミクスまで徹底的に見直し、スリリングな走りと、驚異的なパフォーマンスにさらなる磨きを掛けたという。

ヴァンキッシュ Sの進化は、アピアランスを一目見ただけですぐに判る。現代アストンのレーシングモデルや、GT12/GT8などのハードコア系モデルを思わせる3分割のレーシンググリルや、カーボンファイバーむき出しの新しいフロントスプリッター/リヤディフューザーがよりスポーティな雰囲気を醸し出すとともに、フロントのリフトおよび空気抵抗を最小限に抑えるなど、エアロダイナミクス面でも練りこまれている。

さらに4本出しのエキゾーストパイプを組み合わせることにより、よりアグレッシブなイメージが増幅。アストンマーティンを代表するスポーツGTの名に相応しいスタイルとなっている。

次ページ新たにラインナップされたオプション
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。