デキない人はPDCAの奥深さに達していない

6つの誤解を解けば誰にも強力な味方になる

また、前項でも少し触れた話だが、PDCAには大きなものから小さなものまで、「階層」があると捉えられるようになると、とんでもない成果に到達することにつながる。

PDCAサイクルと聞いて想像する、丸く表現された一般的なPDCAのイメージだけを見ると、PDCAサイクルはあたかもプロジェクトベースでひとつだけ回っているような印象を受ける。これもありがちな勘違いであり、PDCAがわかりにくい原因でもある。

大小さまざまなPDCA

実際には、大目標へ向かうためのPDCA、そしてその中の課題をさらにクリアしていくためのPDCA、そしてさらにそれを分解したPDCA……と、本質的にはPDCAはさながら仏教での「マンダラ」のようなイメージで回っていく。

私は上位で回っているものから大PDCA、中PDCA、小PDCAと呼んでいる。相対的なものなので、どの規模から「大」なのかといったことは気にしなくていい。

たとえばある若いビジネスパーソンが「5年以内に年収1000万円以上稼ぐ」とゴールを設定したとする。現状は大企業の営業職で年収500万円。そのギャップを埋めるためにはさまざまなルートが見えてくる。

『鬼速PDCA』(クロスメディア・パブリッシング)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

ひとつは、今の会社で営業スキルを徹底的に磨き、圧倒的な営業成績を挙げ、その実績を引っさげて完全歩合制の企業に転職することかもしれない。または英語を必死に勉強してMBAへ進み、外資のコンサルティング会社に入ることかもしれない。

それぞれのルートを検討してみると、さらに細かい計画が必要であることがわかる。

仮に営業職として結果を残すルートを選んだら、「年収1000万円」という大PDCAの下に「営業スキルを磨く」「年間売上高10億円」といった中PDCAが回ることになるわけだ。それに「営業スキルを磨く」といっても、コミュニケーション力を磨くのか、提案力を磨くのかといった個別の課題(小PDCA)に分解されていくし、コミュニケーションといっても役員クラスとの話題についていくための情報収集の話なのか、仕草や表情の話なのか、交渉力なのか、傾聴力なのかとさらに分かれる(小小PDCA)。

最初に掲げた大PDCAのゴールがいかに壮大であっても、それらを小さなPDCAに分解できる。これらを回すことで、加速度的に目標に近づくことができるのだ。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT