トランプに熱狂する「女性支持者」たちの本音 下品な発言があっても魅せられた

拡大
縮小

民主党、共和党支持者とも女性大統領に対する偏見はかなり前からなくなっており、米ギャラップの世論調査によると、1999年の時点で米国人の92%が女性大統領にも票を投じると答えている。ギャラップが同様の調査を初めて行った1933年にそう答えた人はわずか33%だった。

「『あなたは女性に大統領になって欲しいですか』なんて質問をもう誰もしません」と、後にトランプ氏の選対本部長となったコンウェイ氏は2月のインタビューで答えている。「今の時代尋ねられるのは、『ある特定の女性が大統領になることを望みますか』です」。

女友達には言えない「トランプ支持」

実際、トランプ氏を支持する女性たちとのインタビューでもこのことを強く感じた。彼女たちは、民主党を支持する友人たちと「親しい関係」を壊さないため、トランプ氏の話題を避けるようにしている(たとえば、バイロさんはヨガや職場では決して、政治ついて話さない)。

「私がトランプを支持していると言えば、彼女たちはショックを受けて『トランプ支持なんてありえない』と言うでしょう」とバイロさんは女友達についてこう話す。「私からすれば、『誰にだって自分の考えがあるのよ』という感じですが」。

民主党の世論調査員、セリンダ・レークさんは、民主党はクリントン支持の女性が急増することを見込んでいたが、そうしたことは起こらなかったと話す。クリントン氏はほぼあらゆる層のグループとうまくやっていたが、「トランプ氏は白人女性の票を見事なほど、確実に獲得しました。そのうちの多くは、ブルーカラーの白人女性でした」とレークさんは話す。

バイロさんは、まさにこの層にあてはまる。彼女自身は自分を中間層だと考えていたが、大学は出ていない。そして、彼女が住むナザレスは中間層のコミュニティであるが、トランプ氏を支持するタイプのコミュニティでもあった。

きちんと片付いたダイニングに腰掛けて話すバイロさんは、クリントン支持者の多くが現在抱いているのと同じこの国への希望と懸念を口にする。「彼がこの国の人々を団結してくれることを望みます。私たちは、今回の選挙で人々が負った傷を癒やす手助けをしなければいけません。そうすることで、互いを信頼できるようになり、すべてはうまくいくと信じられるようになるのです」。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT