トランプ政権の威力をあなどってはいけない

「良いトランプ、悪いトランプ」を考える

カギを握るのは、トランプ氏と議会共和党との関係だ。トランプ氏が公約を実現させるためには、多くの場合において議会での立法作業が必要になる。大統領選挙と同日に投票が行われた議会選挙では、共和党が上下両院で多数党の座を維持している。議会共和党には、トランプ氏の「良い政策」を円滑に実現し、「悪い公約」をバランスのとれた内容に修正する役割が期待される。

移民こそが米国経済の強み

注目されるのは、移民政策の行方である。

移民政策は、「悪い政策」の典型だ。不法移民の強制送還等、トランプ氏は極めて厳格な移民政策を主張してきた。米国経済にとって、移民は重要な労働者である。労働人口の増加は米国経済の強みであり、移民を引き付ける魅力を失うことは大きな痛手である。また、メキシコとの国境に不法移民を防ぐ「壁」を築くという提案は、米国とメキシコとの関係を決定的に悪化させかねない。

共和党のなかには、トランプ流の厳格な移民対策に懐疑的な議員が少なくない。経済面での悪影響もさることながら、政治的な懸念があるからだ。米国では、移民の中核をなすヒスパニックの人口が増加している。選挙における重要性は増す一方である。共和党が厳格な移民政策に傾斜していけば、今後の選挙は勝ち難くなる。

せめぎあいは始まっている。例えば、「壁」を築くというトランプ氏の公約である。トランプ氏にとってはトレードマークともいうべき公約であり、こだわりはあるだろう。これに対して議会共和党は、物理的な「壁」を築くかどうかはともかく、不法移民の流入を厳格に阻止する仕組みを構築し、実質的な意味での「壁」とする方針を示唆している。

トランプ氏の勝利が予想外だっただけに、今後の政策の展開については、誰もが手探りの状態にある。トランプ氏自身も例外ではないだろう。議会共和党にしても、上下両院での多数党維持すら確実ではなかったのが現実であり、トランプ氏への対応を考えるのはこれからだ。

市場が描いた「良いストーリー」が実現するのか、予断を持たずに見守る必要がある。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT