トランプ政権の威力をあなどってはいけない

「良いトランプ、悪いトランプ」を考える

カギを握るのは、トランプ氏と議会共和党との関係だ。トランプ氏が公約を実現させるためには、多くの場合において議会での立法作業が必要になる。大統領選挙と同日に投票が行われた議会選挙では、共和党が上下両院で多数党の座を維持している。議会共和党には、トランプ氏の「良い政策」を円滑に実現し、「悪い公約」をバランスのとれた内容に修正する役割が期待される。

移民こそが米国経済の強み

注目されるのは、移民政策の行方である。

移民政策は、「悪い政策」の典型だ。不法移民の強制送還等、トランプ氏は極めて厳格な移民政策を主張してきた。米国経済にとって、移民は重要な労働者である。労働人口の増加は米国経済の強みであり、移民を引き付ける魅力を失うことは大きな痛手である。また、メキシコとの国境に不法移民を防ぐ「壁」を築くという提案は、米国とメキシコとの関係を決定的に悪化させかねない。

共和党のなかには、トランプ流の厳格な移民対策に懐疑的な議員が少なくない。経済面での悪影響もさることながら、政治的な懸念があるからだ。米国では、移民の中核をなすヒスパニックの人口が増加している。選挙における重要性は増す一方である。共和党が厳格な移民政策に傾斜していけば、今後の選挙は勝ち難くなる。

せめぎあいは始まっている。例えば、「壁」を築くというトランプ氏の公約である。トランプ氏にとってはトレードマークともいうべき公約であり、こだわりはあるだろう。これに対して議会共和党は、物理的な「壁」を築くかどうかはともかく、不法移民の流入を厳格に阻止する仕組みを構築し、実質的な意味での「壁」とする方針を示唆している。

トランプ氏の勝利が予想外だっただけに、今後の政策の展開については、誰もが手探りの状態にある。トランプ氏自身も例外ではないだろう。議会共和党にしても、上下両院での多数党維持すら確実ではなかったのが現実であり、トランプ氏への対応を考えるのはこれからだ。

市場が描いた「良いストーリー」が実現するのか、予断を持たずに見守る必要がある。

人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?