勝ち続ける人があえて「2位」を目指すワケ

有名プロゴルファーの「強くなる」思考法

これに気づき、スイングを修正し直して、40歳のとき(2000年)に「東建コーポレーションカップ」で優勝することができました。

『チームセリザワに学ぶ「強くなる」思考法』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

私の場合、ドライバーの飛距離は自慢できるものではありません。たとえば、ロングヒッターがロングホールを2打でグリーンオンする場面でも、3打でグリーンオンしてワンパットでバーディー、2パットでパーという攻め方をすることが少なくありません。

ミドルホールでも、ロングヒッターなら2打でグリーンオンして、パットが決まればバーディー、2パットでパーをとることができます。しかし、私の場合はパーオンができずに、いわゆる3打でグリーンオンして、ワンパットでパーを拾う“寄せワン”のゴルフを強いられることが多いのです。

飛距離が出ないのは、私の短所。一方、寄せ、パットのうまさは長所です。

ジャンボ尾崎さんの言葉

1997年の「中日クラウンズ」を忘れることはできません。最終日、最終組でジャンボ尾崎さんと一緒にまわりました。ジャンボさんが3連覇したときのことです。この試合で私は2位になりました。表彰式でのジャンボさんの優勝インタビューの言葉はいまでも忘れません。

「今日のパートナーは最高だった。あれだけパーパットを入れる選手は見たことがない。芹澤のパーパットは世界一だ」

私のスタイルが、ジャンボさんに、そして世間に認められた瞬間でした。本当に感激しました。そうした経験がチームセリザワにおける私の指導方針を決定づけたと言っていいでしょう。

「短所を改善させるよりも、長所を見つけてそこを伸ばす指導」

逆の意見もあるでしょうが、明確な方針を示すことは、指導者として、またリーダーとしての大事な役目と思っています。

皆さんでもし、壁や限界を感じている人がいるとしたら、ぜひ自分の長所を徹底的に磨いてください。短所を補って余りあるものにすれば、必ず道は開けるはずです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT