トランプ陣営、過激提案削除は「技術的理由」

リンクが復旧し再び閲覧できるように

 11月10日、米大統領選に勝利したトランプ氏の選挙陣営の公式ウェブサイトから「イスラム教徒の入国禁止」を含む過去の過激な提案のプレスリリースが一時的に削除されたことについて、トランプ氏の広報担当者は技術的な問題が原因だったと明らかにした。写真はニューヨークで9日撮影(2016年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ニューヨーク 10日 ロイター] - 米大統領選に勝利したトランプ氏の選挙陣営の公式ウェブサイトから「イスラム教徒の入国禁止」を含む過去の過激な提案のプレスリリースが一時的に削除されたことについて、トランプ氏の広報担当者は技術的な問題が原因だったと明らかにした。

サイト上では、大統領選のあった8日前後からこれらのプレスリリースのリンク先が消え、削除されたように見えたが、米東部時間10日午後3時半にはリンクが復旧し、再び閲覧できるようになった。

トランプ氏の広報担当は電子メールで「ウェブサイトは一時的にプレスリリースページにあるすべての記事をホームページにリダイレクトしていた」と説明した。

当初、プレスリリースの削除について、トランプ氏が強硬政策を修正している兆しと受け取る向きもあった。

サウジアラビアの富豪アルワリード・ビン・タラール王子は10日放送のCNBCのインタビューで、イスラム教徒の入国禁止提案がトランプ陣営のサイトから削除されたとの報道を好感したと述べた。リンク復旧後のコメントは得られていない。

関連記事
トピックボードAD
  • 中原圭介の未来予想図
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • トクを積む習慣
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。