ロシア杯で宇野は2位、GPファイナル出場へ

フェルナンデスが合計292.98点で優勝

 11月5日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、ロシア杯、男子ではSP首位の宇野昌磨がフリーで2位の186.48点をマーク。合計285.07点で自己ベストを更新し、2位となった(2016年 ロイター/Grigory Dukor)

[5日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、ロシア杯は5日、モスクワで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨がフリーで2位の186.48点をマーク。合計285.07点で自己ベストを更新し、2位となった。昨年に続くGPファイナル(12月、フランス)への出場が決定した。

世界王者でSP2位だったハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリーで1位となり、合計292.98点で優勝。SPで10位の田中刑事はフリーで5位の155.78点を出し、合計224.91点の7位で終えた。

女子ではSP7位だった松田悠良が合計177.65点で6位とし、村上佳菜子は11位に終わった。SP1、2位のアンナ・ポゴリラヤとエレーナ・ラジオノワ(ともにロシア)がフリーを同じ順位で終え、上位を独占した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 逆境からの人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT