ロシア杯で宇野は2位、GPファイナル出場へ

フェルナンデスが合計292.98点で優勝

 11月5日、フィギュアスケートのGPシリーズ第3戦、ロシア杯、男子ではSP首位の宇野昌磨がフリーで2位の186.48点をマーク。合計285.07点で自己ベストを更新し、2位となった(2016年 ロイター/Grigory Dukor)

[5日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦、ロシア杯は5日、モスクワで競技を行い、男子ではショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨がフリーで2位の186.48点をマーク。合計285.07点で自己ベストを更新し、2位となった。昨年に続くGPファイナル(12月、フランス)への出場が決定した。

世界王者でSP2位だったハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリーで1位となり、合計292.98点で優勝。SPで10位の田中刑事はフリーで5位の155.78点を出し、合計224.91点の7位で終えた。

女子ではSP7位だった松田悠良が合計177.65点で6位とし、村上佳菜子は11位に終わった。SP1、2位のアンナ・ポゴリラヤとエレーナ・ラジオノワ(ともにロシア)がフリーを同じ順位で終え、上位を独占した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT