牛丼大手、「トッピング」戦略にシフト

調理の手間かけず、客単価をアップ

「追っかけ」復活はこの秋口か

吉野家は4月の牛丼値下げ後に牛鍋丼の販売は打ち切ったが、現在もトッピングメニューとして、ねぎ玉子(100円)、チーズ(90円)の2種類を展開中だ。会社側は詳しい時期を明らかにはしていないものの、秋口にも「追っかけ」メニューを本格的に復活させ、客単価引き上げを狙うものとみられる。

大量の広告宣伝と低価格戦略で集客し、トッピングを付け足した“追っかけ牛丼”で客単価を上げて利益を回復させる。吉野家ホールディングスはこうした客単価アップ策をテコに、3期ぶりの増益転換を目指す。

牛丼業界最大手のすき家も動き出している。

すき家の既存店売上高は、この5月まで21カ月連続で前年割れに沈んだ。すき家を運営するゼンショーホールディングスにとって、牛丼事業は営業利益の過半を稼ぐ収益源となっている。

すき家は牛丼事業のトップ交代、メニューも絞り込み

ゼンショーの前2013年3月期の業績は、売上高4175億円(前期比4%増)、営業利益147億円(同30%減)と、やはり大幅減益に終わった。その意味では、ゼンショーにとって牛丼事業の立て直しは喫緊の課題といえる。

5月中旬に開かれた前2013年3月期の決算説明会の場で、小川賢太郎会長兼社長は、すき家事業の中期的見通しについて「時間がないので、ここでは答えられない」と明言を避けた。

次ページすき家もトッピング
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT