牛丼大手、「トッピング」戦略にシフト

調理の手間かけず、客単価をアップ

ただ、ゼンショーは今年1月、主力の牛丼事業のトップに、子会社でラーメンチェーンの経営に当たっていた村上竹彦氏を抜擢し、すでに牛丼事業の戦略見直しを進めている。

すき家も夏頃からトッピングメニューを拡充予定

その後、すき家では、まぐろユッケ丼や豚かばやき丼といったメニューの販売を打ち切り、牛丼では13品を8品に、牛丼以外のどんぶりでも6品を3品に減らすなど、全体で34品あったメニューを25品まで3割絞り込んだ。メニュー見直しを進める中で、すき家もこの夏頃からトッピングメニューを拡充し、大々的なキャンペーンを実施する予定だ。

さらに近年は年間150店近い積極出店を続けてきたために、手薄になりがちだったエリアマネージャーの担当地域を再編。全店に目が行き渡るように体制を立て直し、接客力などサービス面での向上にも全力を注ぐ。

低価格戦争だけでは、業績の改善を追求しにくくなった牛丼3社。松屋とすき家が4月に実施した期間限定値下げも、それだけでは大きな成果には直結しなかったようだ。

牛丼に詳しい業界関係者は、「牛丼は恒常的に既存店の売上高が前年を下回っている。吉野家も値下げの効果は期待ほどではない。もはや牛丼はオーバーストア状態で、構造的な問題に直面している」と指摘する。はたして牛丼大手が力を入れようとしているトッピング戦略は打開策のひとつになりうるのか。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 買わない生活
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT