西武TOB空振りでサーベラス手詰まり

互いのメンツを守り、落としどころを探れるか

TOB(株式公開買い付け)をめぐる攻防は、ひとまず西武の勝利で終わった。

米投資ファンドのサーベラス・グループが実施した、西武ホールディングス株のTOB。2度にわたり買い付け期間を延長し、多くの株主から応募を期待したが、集まった株式数の比率は3.04%。上限として設定した12%に遠く及ばないどころか、当初設定していた上限4%にも届かなかった。

結果的に、サーベラスは35.48%の保有にとどまった。せめて40%を超えれば、西武の経営陣に対して一定のプレッシャーを与えることができた。しかし、この数字では発言力の向上は限られてしまう。

確かに、3分の1以上の株式を確保し、サーベラスは特別決議に対する拒否権は得た。だが、西武は上場準備に入っており、特別決議を要する定款の変更や解散、合併などを行う予定は当面ない。そもそも、TOB前の32.42%でも議決権行使割合を考えれば、現実的には特別決議を拒否できる水準だった。西武の後藤高志社長は、「目標としては未達ということだと思う」と、勝利宣言ともいえるコメントを出した。

TOBをめぐっては、サーベラス側の拙攻が目立った。ガバナンス(内部統制)の強化を求め、元米副大統領でサーベラス会長でもあるダン・クエール氏や元金融庁長官・五味廣文氏ら8名の取締役就任を提案。その一方で経営権を取得するつもりはなく、あくまで友好姿勢を強調するという、ちぐはぐな行動が裏目に出た。

1400円という買い付け価格も魅力に乏しかった。国内の株式市場が上昇基調にある中で、再上場した場合の株価への期待は高まった。2013年3月期が経常最高益となり、西武が従来の年5円配当から、記念配を含めた年7円に増配したことも影響を与えた。「プロ野球・西武ライオンズの売却や西武秩父線の廃線」をサーベラスが提案していたことも暴露され、逆風が強まった。

次ページみずほの仲介に期待
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
危機はこれからが本番!<br>コロナ倒産 最終局面

新型コロナウイルスの感染拡大で企業業績に大打撃。資本不足の企業が続出し、大手でさえ資本増強に奔走しています。政府の支援策で倒産は小康状態でも、もはや倒産ラッシュは時間の問題に。苦境の業界をリポートし、危ない企業を見破るノウハウを伝授。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT