「仕事ができないやつ」から脱却する唯一の道

資格や語学がなくても「一番偉い人」になれる

だが、部門長は言った。

「非常に良い意見だ。私は気づいていなかった。検討事項に加えよう」

その後、会議は「キャッチコピー」のみならず、価格設定、ターゲットの再設定、営業の方法まで、多岐にわたり話が展開し、新しい施策がまとまり、会議は終了した。

仕事でいちばん偉いのは誰か

『「仕事ができるやつ」になる最短の道』(日本実業出版社)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

私は会議が終わったあと、部門長に質問した。

「なぜ、あのキャッチコピーを『良い意見』とおっしゃったのですか? 素人目に見ても、クオリティは高くないように感じましたが」

すると部門長は言った。

「仕事でいちばん偉いのは誰だと思います?」

「権限を持っている方でしょうか?」

「権限を持っていてもダメなやつはダメなやつです。どんな仕事でも、いちばん偉いのは『最初に案を出すやつ』なんですよ。批判なんてだれでもできる。でも、『最初に案を出す』のは勇気もいるし、なにより皆からばかにされないように一生懸命勉強しなければいけない。だから、最初に案を出すやつを尊重するのは仕事では当たり前です」

私はそれ以来、さまざまな会社で観察を行ない、仕事をするときはつねに、「まず案を出す」ということがいかに重要かを、多くの企業で見ることができた。

だからいまでは、若手から「仕事ができるようになるためにはどうすればいいですか?」という質問を受けたときには、おせっかいながら必ず「いちばん最初に案を出せるようになるように頑張る」と回答するようにしている。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT